うなだれていていい。赤ちゃんと共に、明日へと・・・

流産・死産・新生児死などで、赤ちゃんと悲しいお別れをしたあなたへ。

 

赤ちゃんを授かった幸せが、続いていくと信じていた。それが突然断ち切られる衝撃・・・。
こんな経験をしたら、平穏な明日がやってくるとは、とても思えない。あなたは、そんな心境ではありませんか?

 

トラウマ的な体験をした人の多くが、平和な未来を信じることができなくなる状態に陥るのだそうです。

 

そんなあなたに、あえて言わせてください。
それでも、明日は来るのです。

 

◆◆◆  それでも季節はめぐる  ◆◆◆

 

先日、買い物に行く途中の道で、こんなものを見ました。


花が終わり、種ができ始めています。(ピントが合ってないですね、残念!風で揺れていたからかな)

 


先週は、こんなふうに咲き誇っていたのですが、
一週間で、「ああ、季節がすすんでいるんだな」と感じました。

 

この種が自然にこぼれて、また来年、芽吹き、育って、花を咲かせるんですね・・・。

 

「また来年ね」と、心の中で声をかけて、気づきました。
私がどうあろうと、季節はめぐり、いのちは受け継がれていく・・・

 

◆◆◆  うなだれて歩む、その足元に・・・  ◆◆◆

 

あなたはきっと、お別れした赤ちゃんに、日々話しかけていることでしょう。

どうぞ赤ちゃんに、見せてあげてください。
誰の世話も受けずに生きる、足元の小さな花を。明日へといのちをつないでいく、小さな種を。

 

「すぐに、気持ちを切り替えなさい」なんて言いません。それは無理。
だけど、どうぞ少しだけ、外に出て、歩いてみてください。

 

「元気を出そう、前向きに生きよう」なんて言いません。
うつむいて、うなだれていていいのです。
でも、うつむいて歩く足元に、小さな花が咲いているのを、少しだけ眺めてみてください。

 

もしかしたら、こんなふうに、立ち止まり立ち止まりするしかない日々は、
これまでがむしゃらに突っ走ってきたあなたへの、赤ちゃんからの贈り物かもしれません。

 

明日は来る。人生は進んでいく。
その日々を、ゆっくり歩んで生きましょう。
目に見えない存在ではあるけれど確かにいる、あなたの赤ちゃんと一緒に・・・。

 

 

 

関連記事

  1. Grief Unseen」

    流産の経験を話すことはタブーなのか:「Grief Unseen」より

  2. 赤ちゃんを亡くした絶望の中でも、希望は育まれている

  3. 心の傷を放置することの危険性

  4. 赤ちゃんとのお別れ:その悲しみを抱いて、心をつなぎたい

  5. 流産は、鬱病などの発症リスクを高めてしまう…

  6. 赤ちゃんとお別れしたパパ・ママへのアンケート

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。