流産の悲しみを あたたかい涙に変える 

言葉にできない想いを語りあう アートセラピー

1968年生まれ。神戸在住。
2009年、生涯学習開発財団認定アートセラピストとなる。
2015年から、カナダのアートセラピスト国際認定資格取得講座「JIPATT」に在学。
流産を経験した女性を対象に、
アートセラピーを通じて想いを分かち合い、支えあう場を創り出している。


2005年、流産を経験。
会ったこともない子どもでも、亡くすのがどんなに苦しいことかを知った。

このときは、想像の中で葬送の儀式をくり返すことで、少しずつ心の痛みが和らいでいった。
仕事に打ち込み、また、流産の悲しみはのりこえたと思っていた。

ところが、この経験から10年後、流産の体験を話す機会があり、
いまだに涙があふれる自分に驚いた。

流産・死産経験者の自助グループに参加したが、感情を押さえて無難な言葉でまとめようとしてしまう自分がいた。
また、家族や友人への信頼や未来への希望をなくし、
自らの生を価値あるものと感じられなくなっている方が大勢おられるということも知った。
流産によって女性が失うのは赤ちゃんだけではない・・・。

一方、アートセラピーでは、
自分の失敗やつらい過去も含めて、
まるごとの自分を受け入れることができるようになっていく経験があった。

このことから、流産で深く傷ついた女性には、
非言語療法であるアートセラピーが適していると確信。
アート表現活動によって想いを語り合う場をつくり、流産経験者を支えたいと考えるようになった。
そして、流産経験者を対象としたアートセラピーの実践を始めた。


美術教員として28年勤務。
延べ約5400人の子どもと共に76000時間以上をアート表現の場で過ごし、
一人一人が安心して自分らしさを表せるような場をつくることを心がけてきた。

その経験を活かし、
流産を経験した方がおだやかにその悲しみをふりかえり、
大切な赤ちゃんと共に生きていく歩みによりそいたいと願っている。
そして、女性が自らを肯定的に受け入れ、自分らしく輝いて生きられる未来を、
いっしょにつくり出していきたい。