赤ちゃんを亡くしたことで、自分を罰する必要はないんです

流産・死産・新生児死などで、赤ちゃんとお別れしたあなたへ。

あなたは、その喪失のあと、自分を責め続けてはいませんか。
もう自分には、人生を楽しむ資格はない、と思ってしまっていませんか。
何か、新たな困難が起こった時に、「これは自分への罰なんだ」と、感じてしまうことはないですか。

 

そんなふうに自分を罰する必要はないんです。
赤ちゃんが亡くなったのは、あなたのせいじゃないのだから。

 

 

◆◆◆  赤ちゃんが亡くなったのは、あなたのせいじゃない  ◆◆◆

 

もしかしたら、あなたは何か、赤ちゃんの死の原因について、思い当たることがあるのかもしれません。
「〇〇をしたせいだ」あるいは「▲▲をしなかったからだ」

 

でもね、何か、妊娠中にはよくないんじゃないかと言われることをやった事実があったとしても、
それが100%、悲しい結果につながるわけじゃありません。

 

例えば、妊娠中に、道で転んだとします。でも、道で転んだからって、必ず流産するわけじゃありません。
睡眠不足の生活が続いていたからだ、と思っているかもしれないけど、
睡眠不足でも、連日ハードワークでも、必ず流産や死産に至るわけじゃない。

 

あなたのせいじゃないんです。
なぜなのかは、永遠に、誰にもわからないことです・・・

 

 

◆◆◆  苦しみの中で生きている事、それだけですごい!  ◆◆◆

 

自分を責める想いが、心に浮かんできてしまうのは、しかたないのかもしれない。
でも、少なくとも、「自分を罰するのをやめる」ことは、できるんじゃないでしょうか。

 

もっと言えば、
こんな苦しい想いを抱えながら生きている自分に、ご褒美をあげてください。

 

すごいことですよ。
こんなにしんどいのに、こんなにつらいのに、それでも生きるというのは、すごいエネルギーのいることです。
生きているだけで、すごいんです。

 

そんな自分に、ご褒美をあげてください。

 

◆◆◆  がんばっている自分へのご褒美を・・・  ◆◆◆

 

何か、ドンと大きなイベントや買い物ができるなら、それでもいいけど、
まずは日常の中で、自分を楽しませてあげてください。

 

たとえば、おいしいお茶をゆっくり飲むとか。
食材を買うときに、いつもよりちょっといい調味料を選んでみるとか。
気になっていた漫画を読むとか。この際、全巻大人買いなんてどうですか?

 

 

もう一度言います。
赤ちゃんとお別れした心の痛みを抱えながら生きているあなたは、本当に、ものすごく頑張っています。
頑張っている人に与えるべきは、罰ではなくて、ご褒美です。

 

どうぞ、今日があなたにとって、穏やかな優しいものとなりますように。

 


 

なかなか身近な人とも分かち合うのが難しい、あなたの心の痛み。

 

私も、あなたの力になりたいと願っているひとりです。
アートセラピーという方法で、ゆっくり想いに寄り添っていきます。

よかったら、声をかけてくださいね。

アートセラピーについては、こちら

お問い合わせは、こちら

 

関連記事

  1. 咲きかけた桜の花

    流産、死産のあとは、美しい季節が悲しいよね。でも・・・

  2. 赤ちゃんを亡くしても泣かない男性の「強くありたい病」

  3. 赤ちゃんを亡くしたあなたに、小さな声が届きますように

  4. 悲しい思い出を忘れたくて、活動しつづけることは・・・

  5. 心の「古傷」が痛むとき

  6. うなだれていていい。赤ちゃんと共に、明日へと・・・

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。