心の状態に合わせたアートの素材

先日、アートセラピーの研修に参加しました。

JKATA(日本クリエイティブ・アーツセラピー)主催のセミナーで、「クライアントに合わせた素材選び」がテーマでした。

講師はリサ・ハインツさん。こちらの本の著者です。

本当に素晴らしい本でしたので、講座に参加できて、ラッキーでした。

これまで「このクライアントさんには、この素材が合いそう」と、感覚的に選んでいたところに、理論的な根拠が得られた感じでした。

これでよかったんだ!と自信が持てたところもありましたし、

これからは、もっと明晰に考えてセッションを計画できる!という、確かな指針を与えてもらった安心感も得られました。

明確に、コンセプトをまとめてお話してくださったこの講座。アートワークを実際に行う時間もあり、楽しかったです。

私はオンラインでの参加でしたが、リアル会場で参加の皆さんは、そのあと懇親会もあったようで、うらやましかった・・・

学んだことを生かして、より心に寄り添うアートセラピーを提供していきたいと思います。

関連記事

  1. 箱庭療法:砂とミニチュアが語る心の声

  2. いのちを授かった喜びと、いのちを失った悲しみ、両方を抱いて生きていく

  3. 節目の季節に:今と未来を指し示すコラージュ

  4. 赤ちゃんとお別れした心を鎮める「儀式」

  5. Grief Unseen」

    流産の経験を話すことはタブーなのか:「Grief Unseen」より

  6. 流産・死産の悲しみを公の場に出すこと:「Grief Unseen」より…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。