流産・死産:それは、たぶん最初から決まっている

流産・死産をしてしまったら、自分を責める気持ちが沸き起こってきます。
あなたは、そんなお気持ちではありませんか?
だけど、赤ちゃんが生まれてくるのか、そうでないのかは、あなたのせいではなくて、きっとはじめから決まっていたことだったんだと思うんです。

 

◆◆ 「〇〇のせいかも」は、すべて決定要因じゃない ◆◆

 

流産・死産になってしまったとき、自分を責める材料は、山ほど思い浮かびます。

 

「~してしまったからだ」
例えば、「あのとき転んでしまったからだ」「コーラを飲んだからだ」「ホラー映画を見たからだ」「妊娠シンドイって、思ってしまったからだ」etc. etc…..

 

あるいは
「~しなかったからだ」
例えば、「睡眠を充分とらなかったからだ」「●●のサプリを飲まなかったからだ」「腹巻をしなかったから冷えてしまったのかも」「お参りに行かなかったからだ」etc.etc…..

 

「これが原因かも」と思い当たることは、探せばいくらでも掘り起こせてしまいます。

 

でもね、どれもこれも、決定的な要因ではないと、私は思います。

だって、どんなに過酷な状況であっても、生まれてくる赤ちゃんは、生まれてきます。

 

 

◆◆ どんな状況でも、生まれるときは生まれる ◆◆

 

つらい話ですけど、DVなどの悲惨な状況であっても、妊娠を望んでいなくても、それでも生まれてくる赤ちゃんがいます。
危機的な生活の中で、妊娠に気づくこともないまま過ごし、赤ちゃんを産む女性だって、世の中にはおられます。

 

赤ちゃんのために「必要」と思われること、
体を大事にするとか、心の安定を保つとか、そんなこととは無縁の、ズタズタの妊娠期間をすごしたって、
生まれる赤ちゃんは、生まれるのです。

 

逆に言えば、
どんなに気をつけていても、どんなに大切にケアしていても、
生まれないことになっている赤ちゃんは、生まれない・・・

 


 

◆◆ 赤ちゃんは、わかったうえで来てくれた ◆◆

 

「生まれないことになっている」という言い方は、かなりキツイ言葉だったかもしれません。
傷つけてしまったら、ごめんなさい。

 

だけど、たぶん、赤ちゃんが生まれて来るかどうかは、最初から決まっているんだと思うんです。

最初って、何?って感じですけど・・・

私は、肉体が形をとる以前に、魂の存在として赤ちゃんは生まれると思っていて。
そして、母体に入るときには、すでに赤ちゃんの「進む道」は決まっているんじゃないかと考えています。

 

赤ちゃんは、すべてわかったうえで、あなたのおなかの中に来てくれたんです。

 

 

余命宣告を受けた方が、「毎日を、一日一日、大切に過ごすようになりました」などとおっしゃることがありますよね。
遠からず終わることがわかっているからこそ、生きている一瞬一瞬を味わうようになる・・・

 

きっと赤ちゃんは、自分の肉体の、いのちの期限をわかっていて、
おなかの中での期間を、楽しんでくれたと思います。

 

 

◆◆ 赤ちゃんを愛していたんだから、それでいい ◆◆

 

もしかすると、「その短い期間、私は、赤ちゃんに喜んでもらえるようなことをしてあげていない」と、
さらに自分を責める気持ちが強まってしまう方も、あるかもしれません。

 

でもね。そうやって自分を責めてしまうほど、あなたは赤ちゃんを大切に思っていたんですよね。

あなたが今、生まれて育っていくことができなかった赤ちゃんのことを、こんなにも悲しく感じている、そのことは、赤ちゃんへの愛情の証です。
赤ちゃんは、その「愛情」をこそ、いちばん求めていたはず。

 

だから、赤ちゃんは、ちゃんと、そのいちばん大切な「愛情」を、味わってくれていたはずですよ。

 

 

私は、流産でお別れしたわが子に天国で会ったら、あの子の「思い出話」を聞いてみたいと思っています。
「あのときは、困ったわ~!」なんて、苦情もいわれてしまうかもしれませんけど、きっと笑顔で、「しょうがないなあ!」って感じで言ってくれると思う。

 

どうか自分を責め続けないでくださいね。
赤ちゃんは、全部ちゃんと、わかってくれています。

 

 

あなたが、心穏やかな今日をすごすことができますように願っています。

 

私は、「アートセラピー」の手法で、心の痛みを和らげるお手伝いをしているセラピストです。
アートセラピーは、想いを色や形で表すことを通じて、あなたの悲しみに寄り添うことができます。よかったら、声をかけてくださいね。

関連記事

  1. 赤ちゃんとお別れした心を鎮める「儀式」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。