悲しい思い出を忘れたくて、活動しつづけることは・・・

流産・死産・新生児死などで、赤ちゃんと悲しいお別れをしたあなたへ。

あなたは、その喪失の痛手から逃れようと、どんどん活動してしまってはいませんか。

 

忙しくしていれば忘れられる。そう思って、
仕事や、家事や、いろいろな用事をこれまで以上に引き受けて、
休むことなく、必死に働き続けている・・・そんなことはありませんか。

 

でもね。
その「過活動」は、あとになって、
大きな反動となって、あなたをさらに痛めつけることになってしまいます。

 

◆◆◆ 心の傷は、動いていたら治らない ◆◆◆

 

あなたの心は弱っているのです。

赤ちゃんを亡くしたことで、あなたは大きな傷を受けました。
それこそ、自分自身が死んだのと同じようなダメージです。
大切な赤ちゃんとお別れしたのですから、それが当たり前です。

 

傷が開いたままなのに、治療もせずに動き回っていたら、その傷は治りません。
それどころか、悪化しますよね。
身体だけじゃなく、心だってそうなのです。

 

「なんでもない」と思い込んで、何でもないようにふるまっていて、
何年も経ってから、鬱病などの深刻な症状が出る人もいるのです。

 

◆◆◆ 生活のペースを ゆるめましょう ◆◆◆

 

どうぞ、休んでください。
生活のスピードを、ゆるめましょう。

 

身体を休めると心が休まらない?
そんなことはありません。

考えないようにと忙しくし続けている限り、あなたの心は、全然休めていないんです。
外に出されないまま押し込まれた悲しみは、じわじわとあなたの心を痛めつけています。

 

「思い出すこと」「泣くこと」が、あなたの心には必要です。
それこそが、あなたの心の傷を癒すことになるのです。

 

◆◆◆ 赤ちゃんを思い出す時間を、設定しましょう ◆◆◆

 

思い出すことを脇に追いやるのではなく、
むしろ、思い出す時間を、泣く時間を、自分の予定に組み込んでしまいましょう。

 

「ついうっかり泣いてしまう」のではなくて、
「赤ちゃんのことを思い出して、泣く時間」を、あえて設定するんです。

 

赤ちゃんを亡くした家族のためのお話会 に、参加の申し込みをするのも、おすすめです。
ひとりで泣くというのは、なかなかしんどいものですから・・・。
神戸には、「神戸エンジェライト」というグループがあります。
とても暖かい、安心して参加できるところですよ。

神戸エンジェライトHPは、こちら

最近はオンライン開催で運営されているところも多いので、
お近くにグループがなくても参加できると思います。

 

 

私も、あなたを支える力になりたいと願っているひとりです。
アートセラピーで、赤ちゃんへの想いを分かち合う時間を持っています。
今のところ、不定期開催で、お申込みいただいてから日時等を相談させていただく形をとっています。
どうぞお気軽にお問合せくださいね.

お問い合わせは、こちら

 

関連記事

  1. 流産・死産した赤ちゃんに、美しい世界を見せてあげよう

  2. 赤ちゃんを亡くしたその想いを、誰に話せばいいのか

  3. 赤ちゃんを亡くしたことで、自分を罰する必要はないんです

  4. 「大豆田とわ子」に見る、大切な人を亡くしたときには対話が必要だというこ…

  5. 赤ちゃんを亡くした絶望の中でも、希望は育まれている

  6. 野原にある誰も座っていない椅子

    流産・死産をしても、その後の人生を楽しんでいい

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。